REDWING FOREMAN CHUKKA 9215

REDWING FOREMAN CHUKKA 9215レッドウィング フォアマンチャッカ

Code:
5628990001018
Color:
BROWN
Made in:
USA
Size:

¥38,664 (tax in)


フォアマン(工場長、現場監督)の名を冠するモデル。
レッドウィングは創業当時からワークブーツの生産にあたってきたが、現場のワーカーだけでなくポストマンやポリスマン、
オフィサー向けと短靴の需要も徐々に増えて行った。工場内で生産の現場で指揮をする人々や軽作業の現場で使用するモデルの
フォアマンもその一つで、POSTMAN等に使われているNO.210ラストに油で滑り易い工場のフロアでも滑りにくいコルクソール、
ネオプレーンソールを搭載。シンプルなデザインながら、マニュファクチュアリングの最前線で必要とされる、ワークブーツなみの頑丈な作りが、
特徴である。

レザー:BLACK HARNESS LEATHER
MADE IN USA
WIDTH=D

最近見た商品

最近見た商品がありません。 履歴を残す場合は、"履歴を残す"をクリックしてください。
レッドウィング/redwing

Red Wing Shoes was founded by Charles Beckman, a German immigrant who arrived in America in the late 19th century. When Beckman was 17 years old, he got off the train at Red Wing and found employment at a local leather factory. Working there, Beckman developed an interest in shoemaking. In 1883, he opened a shoe store, inspired by a desire to sell only “truly good shoes.” The store thrived, but Charles still believed good shoes were too hard to find, so he decided to become a shoemaker himself. In 1905, with 14 like-minded investors, he founded the Red Wing Shoe Company.

レッドウィング社の創始者チャールズ・ベックマンは、19世紀後半に新天地への夢を胸に、ドイツからアメリカへ移住した。17歳だったベックマンはアメリカ内陸部、ミネソタ州のレッド・ウィング・シティーで列車を降り、その地の革工場に職を見つけた。そこで働くうちに、ベックマンは自然と革製品である靴に興味を持つことになる。そして、1883年、ついに靴屋を始めるに至る。「本当に良い靴を売りたい」という彼の気持ちは、町の人々の評判になり、その真摯さは、来店した客の足にぴったりと合わない時は、頑なに販売を拒むほどであった。なみなみならぬ靴への情熱で、靴屋は成功したにもかかわらず、ベックマンの不満は高まっていた。本当に良い靴が少ない、という不満だ。彼は次第に、店にあるどの靴よりも良い靴を自分で作るしかないと考えるようになった。1905年、ついに彼は14人の仲間と「レッド・ウィング・シュー・カンパニー」を設立した。これが今日に至るレッド・ウィング社の歴史の始まりである。